Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]
FC2ブログ

【映画を見たぜ!】ウルフ・オブ・ウォールストリート「バカを引っ掛けてやったぜ!」投資詐欺師達の物語【レオナルド ディカプリオ主演】

ウルフ・オブ・ウォールストリート(吹替版)
https://www.amazon.co.jp/ウルフ・オブ・ウォールストリート-吹替版-レオナルド-ディカプリオ/dp/B073SKDG1J

セックス、金、権力、ドラッグ。現実とは思えない衝撃的な実話を映画化したのは巨匠マーティン・スコセッシ監督だ。レオナルド・ディカプリオが演じたのはニューヨークに住む、富と名声に貪欲な若手の株式ブローカー。不正が横行し果てしのない欲望が渦巻く街に住むその男の名前はジョーダン・ベルフォート。


最近話題の仮想通貨関連の事件に通じるところがあるな。
売る側(詐欺師)の視点がよく分かる映画。
ペニー株(クズ株)を売りまくって、ドンドン金持ちになっていくお話だ。
実話らしいぜ。Amazonで見れっぞ!!




『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 予告編



https://youtu.be/U7zD93WdqBY
26歳で年収49億稼ぐ男!
そして、投獄。

・(ネタバレ注意)ウルフ・オブ・ウォールストリートはどこまで本当なの?:本人が白状
https://ameblo.jp/englishsongs/entry-11780737637.html

・マーク・ハンナ 名言集 映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」吹き替え版
http://otokonoeiga.com/blog-entry-134.html

ジョーダン・ベルフォート Wikipedia(元ネタ。ストラットン・オークモント詐欺)

1990年代に投資家相手にペニー株を騙し売る株式仲介会社のストラットン・オークモント(英語版)を創業した[13]。投資詐欺を行っている間、ベルフォートはパーティーを繰り返し、また鎮静催眠剤「クエイルード(英語版)」の依存に陥った[2][14]。ストラットン・オークモントが雇った株式ブローカーは1000人を超え、フットウェア会社のスティーブ・マデン(英語版)のものを含む10億ドル以上の株式に関与した。




ウルフ・オブ・ウォールストリート 見どころ


9分:「客のポケットにある金を自分のポケットに入れるゲーム」 - ここの話面白い。
34分:「バカを引っ掛けてやったぜ!」
1時22分:「売って売って売りまくれ~!!!」 - 社員に激を飛ばす! リッチになれ!!
2時47分:FBIに逮捕~、刑務所へ
2時52分:「これを僕に売り込んで」


3時間と長めで冗長だったが、熱い演説は惹きつけられるものがあった。
詐欺師はかくも一見魅力的だったりするんだよな~。チョロチョロとボロが出てくるけど。
見てヨカッタ映画だな。
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    ブログパーツ